自分を主役にすると⁉︎

自分とのコミニュケーションするとこう変わる

爽やかな季節ですね。大型台風チャーミーが通り過ぎてから台風一過で爽やかな日々です。

Aiysonはこのシーズンが大好きです。

夏にセミナーをはじめて一緒に創造したお仲間のIさんが、文章にされました。主催者さんに大きな体験がくるのですね。

ほぼ、彼女の表現を変えずに掲載させてもらいますねごらんください。

Iさんの体験ストーリー

MIROSSに出逢いMWMを始めたくさんのカリキュラムを受講していき、理解と共にどんどん自分の背負ってたものを下ろして軽くなっていきました。

 だけど・・ご縁の人にセミナーを伝えたい!そんな想いで主催チームにはいったものの・・

 

今年に入って、新しい職場に派遣されました。 その職場に行って初めて知りましたが、鳴り物入りになっていました。 新しいソフト導入で、まだ手探りで使っているので、今まで使ってきた私に教えて欲しいと言 われて来たのですが、周囲から好奇の目で見られていました。すごく怖かったです。

いざ仕事をしてみれば、いちいち新しいソフトの文句ばっかり言ってくるわ、否定してくる わ、これは知っているのかと試されるばかり。これまで自分達がやってきたものにケチ付ける のか!のような言い回しで来たり、しまいにはそんな操作は教育で習ってない!前のソフトはこ うだったと突っぱねられる。 そんなこと知らんわ!って何度も叫びたかったです。 本当に話が通じないし、相手の言っていることも解らないのでミスばかりしてました。 そして、セクハラ、パワハラ紛いの対応。 仕事の依頼がなくなっていき、いつクビになってもおかしくないと思えるほどした。

頭がおかしくなりそうでした。 なんで私はここに来たんだ?なぜ?なぜ?なぜ?? 私は必要か?いらなくない?なぜ居る?の繰り返し。 こんな酷い扱いって何?信じられない。 十数年、頑張って頑張って培ってきたものは何だったのか?一瞬で崩れ去りました。

 

そんな状態ではセミナーチームのワクワクした創造にも関われませんでした。

それでもミーティングには参加。その時話題にのぼった「母が自分の事をどうみているか」を感じているとぶわ~~っと記憶の扉が開いていきました・・

 

いつも激しい夫婦喧嘩をしていた私の両親。 いつも「私が良い子になるから喧嘩やめて!」と喧嘩の仲裁に入っていました。なので、良い 子でいないといけませんでした。良い子でいてもいなくても両親は喧嘩してましたが

でも、ある日の両親の喧嘩の後、母は私だけを連れて家を出ました。その時、兄もいたのに私 だけです。 私が大きくなっても、その時のことが不思議でなりませんでしたが、いつしか母に嫌われたら置いていかれると思うようになり、母に見放されたら、もう生きていけないと思うようになっ ていました。 全てを母中心にして生きていました。 ちゃんと私を見ていてくれてるか確認する為に、いろんな問題を起こして「かまってちゃん」 をやってきました。父も母も同じことやってました。 ここまでは理解してましたが、いつ殺し合いになるかもしれないと思ったあの両親の激しい夫 婦喧嘩は、私を見て!私を見放さないでの私の訴えだったことに驚愕しました。そこまで両親 を求めていたなんて。 ふっと力が抜けた感じがしました。

いよいよセミナー当日、とても穏やかな気持ちで迎えることが出来ました。 でも、1つ間違えて思い込んでいたことがありました。 それは、私はセミナーの手伝いなのだから影でいいと思ってたことです。 たまたま講師に言ったことで判りました。 私:「お手伝いの黒子を頑張ります!」 講師:「Iさん違うよ!主役だからね!」 ハッとしました。

私の中には主役がいない!いない感覚もわからなかった!

自分とコミュニケーションが取れるわけないです。ずっと主役は外の母にしてたので、やりた いことも分からない訳です。 何をやっても、どんどん不安になってブレていくのは主役不在だったと知った時、私の中で何 かが開きました。

 

あっという間にセミナーが始まり、セミナーの内容が全て私のストーリーでした。おかげで今 までのことが整理出来ました。セミナーが終わった時、充実感でいっぱいになりました。

また、暑い中足を運んでいただいた方々、遠くからわざわざ足を運んでいただいた方々に感謝 が溢れました。 そして、サポートチーム一人ひとりの気遣いが本当に素晴らしく、ありがたかったです。このメンバーでセミナーを開催出来て本当に良かったと思いました。

 

次の日、職場に出社してびっくり! 嫌な雰囲気がなくなっていました。 仕事の依頼が増え、任されるようになっていました。 また、この会社で5年ぶりの女子会を開くことになり、最初は参加に抵抗してましたが、参加す ることが決めれてました。 ただ、仕事量が増え参加が難しくなってしまい、不参加になってしまいましたが、なんとか参 加出来ないか行動していた自分がいて笑えました。 自分とコミュニケーションをとり始めていることを教えていただきました。

急に仕事が忙しくなりましたが、この会社で自分が何をすれば良いのか解ったからか、集中し て仕事に取り組めるようになり、やっと仕事をしている実感が湧いています。 後から知りましたが、上司は、私のことを理解していてくれてました。 ちゃんと見ていただいてました。

過去にすがりついて、まんまと思考のパターンに嵌っていましたが、全ての全てが無自覚だっ た自分を知っていく体験でした。

ミロスに出逢わなかったら、とっくの昔に命を絶っていたと思います。 このご縁に感謝しかありません。

感謝で終わっていく。

Iさんの体験ストーリーいかがでしょうか?

会社でパワハラまがいを受けてた彼女はコミニュケーションギャップを引き起こしてたのですね。

様々なコミュニケーションがま・さ・か なところに秘密が隠されている。

空間で、体験をとおして終わっていける  そんな世界。

先日はお母さまと二人で旅行を楽しまれたそうですよ♪

あなたの街でもセミナーさせていただきます。気軽にご連絡お待ちしています。

 

 

セミナー情報

●【沖縄セミナー】11月11日(日)

ミロソフィア沖縄 

http://www.miross.jp/mirossacademy/schedule_dtl.php?reg=11681

http://www.miross.jp/mirossacademy/schedule_dtl.php?reg=11682

 

●【大阪セミナー】11月25日(日)14時から(13時半受付)

ドーンセンター 小会議室1

http://www.miross.jp/mirossacademy/schedule_dtl.php?reg=11759

 

【兵庫セミナー】12月16日(日)14時から(13時間受付)

和田山ジュピターホール  JR山陰本線「和田山駅」から徒歩30分。(駅前にタクシーも停まっています。)

http://www.miross.jp/mirossacademy/schedule_dtl.php?reg=11724

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です