子を思う母心② プレッシャーをかけない為に笑顔?いい言葉がけ?

前回のブログ

応援してるって条件つきだった!なんて

で、少し書きました。

笑顔を心がける… いい言葉を使ってる…

本当にいつも笑顔でいられる?

という事です。

子育てを通して、思春期を超えた子供を持つお母さんに多いんではないでしょうか?

たとえば受験時期、プレッシャーをかけないように思ってることをのみ込んで消そうとする。

また、感受性が強い子だから、傷つけてはいけない…

そう思って飲み込んでしまうことってありません?

笑顔の奥の想いはどうなんでしょうか?
私は子育てを通して、もう片側の悪魔のような自分の感情に気づいた時、愕然とした経験があります。

 

え~~ こんなこと思ってたの???
って、ビックリした。
BLACKな自分に出逢ってしまったみたいな…

これは自分じゃないって

それまでは感じずに消しちゃっていた

が 、ですよ

その感情も認める事ができたとき

ものすごーく、開放されちゃった。

どんなにいい言葉をかけようが、子供か気になって仕方ないところから離れられなかったのに。

その感情から開放されちゃった❢❢
更には

これが子供に感じることじゃなかったんです(≧▽≦)
うそみたいにうす雲が晴れていきました。

MIROSSは2つの感情を混ぜ合わせていく錬金術なんです。

 

気がづくと、子供を気にすることがどんどんと薄れて、気になってしかないから脱出していたんですよ。

自分の道がみつけられいループにはまっていたのは、だれでもない私自身だった(前回からの流れです)

みたいな… 笑えたら終。

そのにはMIROSSシステムがある
MIROSSの世界にふれてみませんか?

自分自身を知るごくごく身近な日常が絶対平和につながってるいるなんてしってました?
今日、世界を変える勇者になる

ROSSCO氏の日本公演が決まりました。

新次元思考テクノロジーですよ。   Alyson

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です