子どもの時、傷をつくるとどうなっちゃうの?

ご実家で暮らしてるRさんは、高齢になるお父さんとお母さんとご兄弟との4人暮らし。

感情に蓋をして「見ない」、「聞かない」、「言わない」と(←どっかで聞いたことある( *´艸`))自分への無関心をつらぬいてきました。

ミロスシステムの絶対安心の空間で、すこしずつすこしずつ頑なだったところから、自分自身を知るという愛の方向へ向かわれています。

 

今回のカウンセリングでは、はっ!と何度ビックリ!されたでしょうか。

ちょっぴり文章はかたい目ですが (笑) どんどんゆるみ、大爆笑されました。

許可をいただいた感想から、ぜひ一緒に感じてみて下さいね。

 

 

Rさんの感想

 

竹原講師のライフコ―スを受講して、更なるシステムへの理解を深めたく思い、カウンセリングの受講を致しました。

カウンセリングで講師へ家族との現状を説明していると、いかに目の前の現象に囚われてしまっているのか。

また、私は起きている現実から目を閉じていて、俯瞰して受け取れていないということがよくわかりました。

 

根源への父母への思いは?

 

父の良いところを聞かれても、いつもお金には困ったことがないこと以外は、よいところが出てこない。
良いところを言えない理由は、父にまったく期待していなかったことがわかる。

先生から「それだけ期待していたね」って言われて、そうか!と ビックリ!

 

同じ大きさで、私は父にたくさん求めていたんだ! それだけ私は求めていたのか。

求めても求めても応えてもらえず、求めることをあきらめなければ現実に耐えられなくなっていたんだ。

 

また、今まで生きていく人生で「金銭で困ったことがない」ことに、口では感謝していると講師に伝えるが、それについては当たり前にスルーしていた。

当たり前にし過ぎてしまい、「お金に困ったことがないこと」に、感謝も愛も感じていない事実がわかりビックリ!

 

目の前への言葉は自分へのメッセージ

 

いつも私が母にさとすように話している言葉がある。「お金を好きなように使わせてくれるのも、とても大きな愛の形だよ!」

結婚してずっと専業主婦の母にその言葉を掛けていたが、それは私が父に対して愛も感謝も感じていなかった自分を責めていたからなんだと驚きました。

 

人として家族に感謝するのは当然、私はしているよというパフォーマンスで母に言っていたのです。

それどころか、心の底ではもっと私の価値をわかれ!認めろ!という父に対する怒りの叫びを隠していたのです。

 

幼少期の出来事が傷を作っていた

 

そうなった経緯は私が小学生の時に、唐突に母の口から聞かされた父から私への評価。

「成績が悪い」と言って父が箸を投げつけたという行為をそのまま伝えてくる母へ、違和感を感じたことがありました。

 

父は日頃、何も私に声を掛けてこないし、勉強もみてくれたこともなく無関心なのに一方的に否定されたことへ理不尽さを感じたのです。

それからは父に何を言われても何から何まで、疑心暗鬼しか生まれてこなくなっていきました。

 

母へは「どうしてわたしを守ってくれないの?」父からの一方的な非難から守ってくれなかったという不信感。

自分のことを優先しないで私は母を一生懸命守ろうとしたのに。

 

母に感じた不信感は、悲しげな姿しか思い出せない母を、「これ以上悲しませないようと私頑張ったのに」との思い。

いつも母の味方でいたのに、嫌っている父の言葉をそのまま下ろすんだ。

 

私は母に精神的にも物質面でも一切要求をすることはダメだと、自分の希望を一切捨て、母に沿ってがんばったのに!

 

 

「成績でしか私の評価はされないのだ」と感じ、この時にどんな私も認めてもらえないんだというショックを受けたのです。

 

誰も私をわかってくれない。

 

 

内なる男と女の葛藤が外側の世界に反映される

 

自分の内なる葛藤は、私が思っているよりも、根深い傷となり、何をやっても家族や社会からも裏切られるような思いばかりをすることとなりました。

 

私は無価値を払拭しようと、価値を付けなくてはという焦りから、絶えず苦しい闘いを自ら選択してきたのか?

どうして、絶えず満たされなかったのか?

 

カウンセリングでは、今まで頑丈な蓋をして感じようとしなかったことを、たくさん引き出していただきました。

これからも、もっと自分を知り、自分への愛を取り戻していきたいと思いました。ありがとうございました。

 

 


 

私たちは両親からでしかコミュニケーションできるようになっている。

だけど、この世界では難しかったね (´;ω;`)ウゥゥ 言葉に翻弄されたり、傷が傷を産んでしまったり。

新次元思考テクノロジーの全く新しい視点があることで、どんどん自分から離れて俯瞰度をあげていくことができる!

自分自身を知るという方向性へ!

 

Rさんはまさかの自分を知り何度何度もビックリ!されました。今、ご両親と共に暮らしていることが奇跡ですね。

自分自身への愛を取り戻される姿に感動します。 Rさんと共に大爆笑で、緩ませていただきありがとうございます  Alyson

 

問題視しているところから思考を外していく。全く新しい新次元思考テクノロジー 一緒に体験していきましょ。

 


 

 
🔸AlysonLINE 公式🔸

ミロスのエッセンス、感覚、日常の実践、体験や
カリキュラムのご案内もお届けしています
 

個別でメッセージのやり取りもしやすくなります

ぜひ、お友達登録よろしくね

友だち追加

 


 

米国特許・中国特許取得

新次元思考テクノロジーMIROSS ミロスアカデミー講師・竹原恵子 近日カリキュラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。